FXは市場との対話から始まる

FXは市場との対話から始まる

今回は以下のテーマに関し、FX初心者の方でもわかりやすく解説していこうと思います。

 

・米国株式と米ドルの関係
・デフレとインフレ時の為替レートの方向

 

教科書的には経済の動きにはセオリーがあるものですが、市場は「人」の思惑によって動きますから、その対象(米国株式や米ドルはまさにそうですね)に対して注目する参加者が多い場合、様々な考えが錯綜して市場は動いていくことになります。そのため「セオリーではこう動く」というものとは異なる動きを見せることが多々あります。

 

一般的に、ある国の景気回復が期待されると株式市場が強くなります。将来の景気上昇であれば、利上げ期待もあり、その通貨も強くなって然るべきでしょう。(実際に利上げがされると、その時点では株式市場は下落します。)ですが、当然のことながら株式市場⇒為替市場という動きとは限りません。

 

例えば日本では、為替市場において円が弱くなる=円安になると輸出企業の業績回復期待につながりますから株式が強くなります。輸出産業を主とする国、資源輸出を主とする国、観光を主産業とする国など国によって為替レートの動きがどうなるとメリットが大きいかは異なってきます。

 

米国の場合、米国株式といえば世界の株式市場に多大に影響を与えると同時に世界の市場の影響を大きく受ける市場です。米ドルは為替市場の基軸通貨ですが、常に米ドルが主役となって動くとは限らず、他通貨の相対として売買されることや、金や原油といったコモディティの動きに対応する形で売買されることも多くあります。

 

そのため、単純な図式として米ドルと米国株の関係を表すことは難しく、その時々に市場が何に注目して行動しているかによって関係性は変わってくると言えます。
世界の金融市場

 

もう一つ、デフレとインフレですが、「デフレ」は日本でこそ深刻な問題ですが、一般的に世界の市場では「インフレ」について注目します。中央銀行が「インフレ・ファイター」ともいわれるのはそのためです。

 

インフレ(物価の持続的上昇)は、通貨の価値を下落させることになりますので、長期的には通貨安を招くものです。デフレ(物価の持続的下落)は、逆に通貨価値の増加を意味し、長期的には通貨高となると言われます。ただし、この「長期的」の期間の定義は国や経済状況によって大きく変わり、短期的には異なる様相も見せます。

 

実際の市場においては、景気回復時に「インフレ警戒」として利上げ期待が高まれば、その通貨は買われる=通貨高になります。ただ、景気過熱し「インフレ抑制」のための利上げとなると、状況によっては将来不安につながり通貨が売られる=通貨安となります。同じ「インフレ」「利上げ」といってもその時の市場の見方によって、為替レートの動き方は異なるということですね。

 

FRBはよく「市場との対話」という表現を使いますが、通貨でも金利でも、もちろん株式でも、市場参加者が何に注目し、どう考えるかによってその動きは変わっていくことに注意して見ていきたいですね。

 

為替相場を分析するには、FX初心者の方は要人発言をチェックしたほうがいいと思います。

株式市場の動向「為替相場との関連性に関して」

本日も福島第一原発の冷却作業の行方を見守ることになる。17日の米国市場
においても、原発への対応が徐々に進展していることが好感されていた。
本日は外部の送電線からの電源が回復する見通しであるほか、自衛隊による
地上からの放水の用意もあると報じられている。総力を挙げての取り組みが、
大きく影響を与えることになる。

 

また、為替市場ではリスク回避やリパトリ(本国への資金還流)思惑の
円買いが強まっているが、一方で為替介入への思惑が高まっている。また、
与謝野経済財政担当相はリパトリの思惑に対して「保険金を支払うにしても、
国内にある円資産で十分過ぎる支払い能力を持っている」と指摘。7カ国
財務省・中央銀行総裁(G7)は本日午前7時からの緊急電話会議において、金融市場の動向について議論が行われる。G7の共同声明、介入への思惑により、投機的な動きによって起きた円高が修正される可能性はある。そのほか、政府は10兆円規模の「復興国債」を緊急発行する方針を固めたと報じられており、これも円安に向かわせる要因でもある。

 

シカゴ日経225先物は大証比55円安の8875円と、NYダウの大幅高の影響はみられていない。原発の行方を見極める流れから手掛けづらいところでもあるため、様子見姿勢は強まりそうである。ただ、外資系注文動向や日中のバスケット買い観測などをみても、海外勢によるバリュエーションの異常値に着目する動きがみられる。3連休を前に売り方のショートカバーも出てくる可能性はあろう。為替のカバーなどが強まることを想定すると、引けにかけての輸出関連辺りのリバウンドを狙ったスタンスも考えられる。

 

そのほか、昨日はジャスダック平均、マザーズ指数などはプラスで終えていた。週初からの急落によって換金売りは一巡したと考えられる。打診的な売買が中心ではあろうが、次第に見直しの流れに向かうことも期待されよう。日経平均を売るなら今がチャンスかもしれない。